債務整理の中で、最も強い効力を持つのが自己破産です。借金の返済に困った人がとる最後の手段としてよく紹介されています。しかし、強い効力を持つ半面、大きなデメリットも存在します。

 

自己破産のメリットは、すべての借金をゼロにすることができるということにつきます。メリットは1つだけですが、「貸した金は返さなければいけない」という常識を覆すほどの大きな効力を持ちます。

 

デメリットとしては、5年〜10年という長い間ブラックリストに載ってしまうということです。20代の若い人が自己破産をしてしまうと、その後およそ10年間は住宅ローンや自動車ローンの審査に通らなくなる(7年程度が経過していれば通る場合もある)ので、人生に大きな影響を与えてしまいます。

 

すでに住宅ローンを組んでいる人は、マイホームを失ってしまうという大きなデメリットもあります。資産をすべて失ってしまうこともデメリットです。

 

このように、債務整理の中でも自己破産は最終手段なので、なるべく早い段階で弁護士に相談をして任意整理などで解決してしまうことが望ましいです。